歴史生物地理学における分断概念--地域分岐図の構築に関する系統推定論上の問題点 Vicariance in historical biogeography : Analytical problems in reconstructing area cladograms

この論文をさがす

著者

抄録

歴史生物地理学におけるvicarianceの概念について, それがたどってきた概念史を概観した。もともと生物地理学で用いられてきたvicarianceは近縁種の空間的な「代置」(substitution)という分布パターンを意味しており, Hennig理論に基づく系統生物地理学はこの用法に準拠していた。一方, Croizatに始まる汎生物地理学もまた代置の意味でこの言葉を用いているが, 「代置的生物進化」(vicariant form-making)という進化理論を背景にしている点に特徴がある。これらの用法に対し, 分断生物地理学では同所的に分布する複数の生物群に対する共通原因すなわち生物相の「分断」(fragmentation)の意味でvicarianceを用いた。共通原因/個別原因としての分断/分散は, 分岐分析における共有派生形質/ホモプラシーに相当する関係にある。次に, 分断生物地理学が解こうとしている地域間の近縁性の問題を「居住地/居住者問題」(the "habitation-inhabitant"problem)として一般化した。居住者の系統関係と地理的分布の情報に基づいて居住地の系統関係を推定するというこの居住地/居住者問題は, 生物地理学だけでなく分子系統学・共進化解析などとも共通する問題である。これらの問題の共通点は, 「形質」それ自身が「系統」を持つという点である。最後に, 分断生物地理学の観点からこの居住地/居住者問題を解決するためのいくつかの解析的手法-成分分析法・ブルックス最節約法・群整合性分析法・三対象分析法-について議論した。種分岐図における欠損地域・広域分布種・重複出現がこれまで分断生物地理学において論議の的となってきた一つの理由は, それらを含む分岐図が通常の分岐分析で生じる分岐図の性質を満足していないことにある。半順序理論などの離散数学を用いることによりこれらの問題にアプローチできるだろう。

The "vicariance" concept in current historical biogeography was reviewed in a historical context of its development. The original definition of the term, "spatial substitution" of related species, had been inherited both to Hennigian phylogenetic biogeography ("Stellvertretung im Raume") and to Croizatian panbiogeography ("vicariant form-making"). On the other hand, a new definition of the same term, "subdivision" or "fragmentation" of an area or a biota, is now widely used in vicariance (or cladistic) biogeography. The conceptual relationship between vicariance and dispersal is that of common cause and separate cause, which is similar to that of synapomorphy and homoplasy in cladistic analysis. The problem of area relationship in vicariance biogeography was generalized as the "habitation-inhabitant" problem to include similar problems of organism/gene, host/parasite, eukaryote/symbiont as well as area/species. The phylogeny of a "habitation" is estimated using the phylogenies of "inhabitant" groups. The structures of those area cladograms that have missing areas, widespread taxa or redundant appearances were explicitly defined using partial-order theory. Finally, several analytical tools of current vicariance biogeography (component analysis, Brooks parsimony analysis, group compatibility analysis and three-item analysis) were reviewed.

収録刊行物

  • 植物分類・地理

    植物分類・地理 44(2), p151-184, 1993-12

    日本植物分類学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003760894
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00118019
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    00016799
  • NDL 記事登録ID
    3882218
  • NDL 刊行物分類
    RA00(生物学)
  • NDL 雑誌分類
    ZR3(科学技術--生物学--植物)
  • NDL 請求記号
    Z18-64
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ