タンザニア・マハレ山塊国立公園内の野生チンパンジーに関係する衛生上重要な双翅目 Notes on the flies associated with wild chimpanzees at Mahale Mountains National Park, Tanzania, East Africa

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

野生チンパンジーとの関係を中心とした衛生上重要な双翅目昆虫の採集調査を, 1995年と1996年のそれぞれ雨季に, 東アフリカ, タンザニア西端, タンガニーカ湖に面したマハレ山塊国立公園で行った。その結果, アブ科3属7種, ツェツェバエ科1属2種, イエバエ科5属14種, クロバエ科5属8種, ニクバエ科2属4種の5科16属35種を得た。そのうちの3科4属10種がタンザニア未記録種であり, 全体の種構成から動物地理学的には中央あるいは西アフリカ的傾向が示された。アブ科では, Haematopota属が優占属で, チンパンジーとの関係が深いことが推察された。ツェツェバエ科の2種は, その消化管内血液が霊長類由来であることがELISAによる分析で明らかにされ, チンパンジーを吸血している可能性が示唆された。また, チンパンジーの糞に集まるハエ類では, Sarcophaga (Bercaea) arunoが優占種であった。

A preliminary survey targeting flies associated with wild chimpanzees was carried out at the Mahale Mountains National Park, Western Tanzania, during the November-December rainy season of 1995 and 1996. A total of 16 genera and 35 species belonging to 5 families (Tabanidae, Glossinidae, Muscidae, Sarcophagidae and Calliphoridae) were collected. Of these, 5 genera and 10 species of 3 families, namely Haematopota nigripennis, H. unicolor, H. theobaldi, Haematobosca wooffi, Stomoxys transvittatus, S. pallidus, S. omega, Sarcophaga (Xanthopterisca) elegantipes, Neomyia limbata and N. difficilis were new records for Tanzania. The fly fauna was characteristic of central Africa, rather than East Africa. Two tsetse fly species, namely, Glossina morsitans morsitans and G. longipennis, were collected in the vicinity of chimpanzee populations. Although G. longipennis rarely feeds on primates, many blood meals from this species were experimentally confirmed to be of primates origin. Sarcophaga (Bercaea) aruno was the main species attracted to chimpanzee excrements.

収録刊行物

参考文献:  21件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003818884
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00021948
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    04247086
  • NDL 記事登録ID
    4788333
  • NDL 雑誌分類
    ZS17(科学技術--医学--衛生学・公衆衛生)
  • NDL 請求記号
    Z19-47
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ