音響機器の振動対策による音質・音像表現の改善に関する研究 An Experimental Study on Effect of Vibration Caused in Audio Equipments to Sound Quality And Summing Localization

この論文をさがす

著者

抄録

近年, ディジタル技術の高度化に伴い情報の高密度化が進んできたが, アナログ技術の観点からもディジタル技術の進歩に見合う高精度化が要求されると考える.本研究では, スピーカボックス, CDプレーヤ, アンプなどステレオ再生機器の機械的振動が, 再生音の音質や音像表現にどのように影響するかの関係解明を試みる.具体的には, 機械的振動の対策により機器振動の高調波成分の低減が観測され, 放射音や電気信号に含まれる高調波歪成分の低減にも寄与していることを確認している.さらに, 高調波歪の低減により再生音がどのように改善されるかを, 音質と音像表現力(定位と明確さ)についての試聴実験により検証している.

Acoustic images and sound quality of replay sound of stereophonic equipment suffer from effects of vibration on equipments, cables, a jitter of digital audio system and etc.. Several kinds of vibration occurred in stereophonic equipments will cause deterioration of high order acoustic and sensational information. In this report, we propose a new method on treatment of vibration in stereophonic equipments to suppress higher harmonics of vibration and electric and/or acoustic signals. The effects of suppression of harmonics have checked up and compared with changes of the source images and sound quality by listening test.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. EA, 応用音響

    電子情報通信学会技術研究報告. EA, 応用音響 105(404), 1-6, 2005-11-18

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  11件中 1-11件 を表示

被引用文献:  3件中 1-3件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004018603
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10164817
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    7747910
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ