日本語対話音声の意味的強調の判断における文脈および語順の影響 Influence of context and word order in the identification of focal prominence in Japanese dialogue

この論文をさがす

著者

抄録

意味的強調を含む対話音声を対象として,対話の文脈や語順が焦点の判断に与える影響について聴取実験を行った.「大阪へ自動車で行きます.」と「自動車で大阪で行きます.」という語順の異なる2つの文章に関して,どの文節も強調しない,「大阪へ」を強調する,「自動車で」を強調する,という3つの文脈で音声を収録した.そして,これらの音声を,「明日,どちらに行かれるんですか?」,「明日,何に乗って行かれるんですか?」という2つの質問文と組み合わせて呈示し,どの文節に焦点があたっているかを被験者に回答させた.その結果,本研究の実験条件のもとでは,(1)焦点の判断には文脈よりも韻律的特徴が寄与する,(2)焦点の判断には文脈の影響がある,(3)焦点の判断に語順が影響を与える可能性がある,ということが示された.

This paper studies the influence of prosodic features, context, and word order on the identification of focused clauses in Japanese dialogue, using a psychoacoustic experiment. In the experiment, question and answer speech was used as stimuli. The questions were to create two different contexts in the stimuli, and the answers had focal prominence at different clauses and had different word orders. The experimental results indicate that (1) prosodic characteristics are more significant for focus identification, (2) context has some effect on identification, and (3) it is probable that the word order has some effect on identification.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. SP, 音声

    電子情報通信学会技術研究報告. SP, 音声 102(35), 61-66, 2002-04-19

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  19件中 1-19件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004023373
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10013221
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    6162657
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ