舌・口底切除患者の声道モデルを変形させたモデルの声道伝達特性の分析 Analysis of transfer functions for deformed vocal tract models after tongue and mouth floor resection

この論文をさがす

著者

抄録

本稿では舌・口底切除患者の3次元声道モデルの硬口蓋部に対して変形を与え,そのモデルの声道伝達特性の分析結果を示す.日本語母音/i/発話時の3次元声道形状モデルをMR画像から計算機上に構築し,有限要素法を用いて声道伝達特性を推定した.さらにPAP装着前の声道モデルの硬口蓋部に対してPAPを厚くするように変形を与え,それらの伝達特性を推定した.その結果,PAP非装着のモデルの硬口蓋部を5[mm]削った声道モデルの伝達特性は、PAP非装着時の声道モデルの伝達特性のピークの位置とほとんど変わらなかったが,10[mm],14[mm]削った場合はF_2のみ高域側に移動した.しかし,PAP装着時の声道モデルの伝達特性と比較するとF_1,F_2以外のピークの位置が大きく異なっている.これは,PAP非装着時での発話時に下顎が左右方向にずれており,声道形状が異なっているためと考えられる.

This paper discusses estimated transfer functions for deformed shapes of 3-D vocal tract models after tongue and mouth floor resection. These models are computational models based on MR images uttering Japanese vowel /i/. Transfer functions of these models are estimated using a finite element method. The transfer function of the model in which the hard palatal of the PAP (-) model is deformed as increasing thickness of PAP (5[mm]) is similar to the transfer function of PAP (-). Whereas, F_2 of the transfer function of the model in which thickness of PAP is increased for 10 and 14 [mm] move up to higher frequency than that of the PAP (-) model. However, the transfer functions of the deformed models are different from the transfer function of PAP (+) model except F_1 and F_2. This might be because that the lower jaw not wearing PAP moves to the left for compensation and the shape of the deformed model considered with thickness of PAP is not enough to represent that of PAP (+) model.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. SP, 音声  

    電子情報通信学会技術研究報告. SP, 音声 102(248), 5-10, 2002-07-19 

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  9件

被引用文献:  7件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004027063
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10013221
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    6270618
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL 
ページトップへ