頭部近傍のHRTF計測用小型12面体スピーカの開発および評価 Development and evaluation of micro-dodecahedral loudspeaker for measuring HRTFs in the proximal region

この論文をさがす

著者

抄録

立体音場再生技術には, あらゆる場所に音像を定位させることが求められる. 立体音場再生には, しばしば頭部伝達関数(Head related transfer function : HRTF)が用いられるが, HRTFは計測された音源位置に対してのみ有効であると考えられる. そのため, 音源を定位させたい位置に対応したHRTFを計測する必要があるが, 頭部近傍におけるHRTFの計測については十分に行なわれていない. そこで本報告では, 頭部近傍のHRTF計測のために圧電セラミックス素子を用いた小型12面体音源を開発し, 音源特性の評価を行なった. また, 頭部近傍のHRTFを計測し, 従来よく用いられているダイナミック型スピーカとの計測結果と比較することで, HRTFにどのような違いが表れるか評価を行なった.

Spatial audio technology is required to localize a sound image in arbitrary point. Spatial audio system often uses a head related transfer function (HRTF). If we make listener to perceive sound images at arbitrary point, we must measure HRTFs for all directions. However, a few method for measuring HRTFs in the sound field near the head been examined. In this paper, we developed the micro-dodecahedral loudspeaker with twelve piezoelectric ceramic devices, and its characteristics were evaluated.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. EA, 応用音響

    電子情報通信学会技術研究報告. EA, 応用音響 105(556), 1-6, 2006-01-20

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  5件中 1-5件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004075778
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10164817
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    7813730
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ