青年の脈波伝播速度における性とBMIおよび血圧値との関係 Analysis of gender differences in correlation of brachia-lankle pulse wave velocity with body mass index and blood pressure in healthy youths

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

生活習慣病を予防するための基礎資料を得ることを目的に、心血管系の既往歴のない青年男子34名(22.6±3.4歳)と女子46名(20.0±2.1歳)を対象にBMI、baPWV、血圧を測定した。そしてbaPWVとBMI、およびbaPWVと血圧値との相関における性差を検討した。その結果、1)BMIの平均値±標準偏差は男子群22.2±2.6、女子群20.7±2.4(p<.01)、血圧値は男子群、女子群の順に収縮期血圧値は113.6±9.8㎜Hg、101.8±6.3㎜Hg(p<.01)、拡張期血圧値は61.1±8.7㎜Hg、56.0±6.1㎜Hg(p<.01)であった。baPWVは男子群1116.7±148.5cm/s、女子群989.0±101.9cm/s(p<.01)といずれも男子群が有意に高い値であった。2)baPWVとBMIとの相関係数は男子群r=0.511(p<.01)、女子群r=0.036、baPWVと収縮期血圧値との相関係数は男子群r=0.698(p<.01)、女子群r=0.242といずれも男子群にのみ有意な相関が認められた。3)baPWVと拡張期血圧値との相関係数は男子群r=0.762(p<.01)、女子群r=0.452(p<.01)と両群とも有意な相関を示した。以上より、今回の対象である青年におけるbaPWVの値、およびbaPWVと収縮期血圧値との相関には性差があり、女子の場合は血管の柔軟性が高いことが示唆された。The present study examined brachial-ankle pulse wave velocity[baPWV], body mass index[BMI]and blood pressure as well as their intercorrelations in healthy young males (N=34) and females (N=46). BMI was 22.2±2.6 in males and 20.7±2.4 in females (p<.01). BaPWV was 1116.7±148.5 cm/s in males and 989.0±101.9 cm/s in females(p<.01). The significant correlation coefficient between baPWV and BMI was 0.511(p<.01)in males, and between baPWV and systolic blood pressure it was 0.698 (p<.01)in males. In conclusion, there appear to be gender differences in baPWV, and the elasticity of arteries in females was higher than in males.

収録刊行物

  • 札幌医科大学保健医療学部紀要

    札幌医科大学保健医療学部紀要 (8), 13-18, 2005-12

    札幌医科大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004084735
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11178575
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Journal Article
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13449192
  • NDL 記事登録ID
    7922005
  • NDL 雑誌分類
    ZS7(科学技術--医学)
  • NDL 請求記号
    Z74-B536
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  IR 
ページトップへ