新しい自己意識的感情尺度の開発 Construction of Self-conscious Emotion Scale

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

628名の大学生の回答をもとに確認的因子分析を繰り返すことで,6つの自己意識的感情(対人的負債感・個人的苦痛・恥・罪責感・役割取得・共感的配慮)を測定する12シナリオ(場面)・72項目からなる尺度 (KA-JiKoKan-12) が構成された.この尺度の信頼性は,α係数・再テスト信頼性係数とも十分なものであった.その妥当性は,これらの感情に対応あるいは関連する他の特性的尺度(罪悪感喚起状況尺度・状況別羞恥感情質問紙・対人的反応性指標・心理的負債感尺度)および行動指標(攻撃性質問紙・向社会的行動尺度)との関係を分析することで検討された.得られた結果はいずれもおおむね満足すべきもので,この尺度が十分な妥当性を持つことを示していた.「全体的考察」では,こうした結果を背景にして,シナリオ方式の利点や問題点,この尺度が測定している感情の性質,弁別的妥当性の問題などが論じられた.

Using confirmatory factor analysis, a new scale was constructed with data from 628 university students. It had 72 items for 12 situations to measure 6 self-conscious emotions: feeling of interpersonal indebtedness, personal distress, shame, guilt, role taking, and empathic concern. Reliability of the scale, KA-JiKoKan-12, in terms of alpha and test-retest reliability coefficients was sufficiently high. Correlation coefficients with related scales of guilt situation, situational shame, interpersonal reactivity index, and psychological indebtedness, as well as behavior-related scales of aggressiveness and prosocial behavior were also high, indicating validity of the new scale. Finally, issues concerning construction of a situation-based scale, characteristics of emotions measured by the scale, and issues of discriminant validity were discussed.

収録刊行物

  • パーソナリティ研究

    パーソナリティ研究 14(2), 137-148, 2006

    日本パーソナリティ心理学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004353356
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11873802
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    1348-8406
  • NDL 記事登録ID
    7857105
  • NDL 雑誌分類
    ZS2(科学技術--心理学)
  • NDL 請求記号
    Z74-B175
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ