日本における青年期用対象関係尺度の開発 Development of Object Relations Scale for Japanese Young Adults

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究では,青年期における対象関係を評価する尺度を作成した.分析1では,単純構造の尺度を目指して,各尺度の内容が重複しないよう測定内容の整理を行い,5つの測定内容を設定した.因子分析の結果 (<i>N</i>=566),「(1) 親和不全」「(2) 希薄な対人関係」「(3) 自己中心的な他者操作」「(4) 一体性の過剰希求」「(5) 見捨てられ不安」の5因子で単純構造を示す尺度構成が確認された.分析2-1では,異なるサンプル (<i>N</i>=1041) を用いて交差妥当性を確認した.その結果,分析1とほぼ同様の因子構成が見られ,5つの測定領域を設定することの交差妥当性が示された.分析2-2では,性差・年齢差の検討を行い,予想された箇所で予想された方向に性差と年齢差が得られた.分析2-3では,NEO-FFI (NEO Five Factor Inventory) を用いてパーソナリティ特性との関連を検討し,概ね仮説を支持する内容の相関が見られた.これらの結果から,作成された尺度の構成概念妥当性が確認された.

Main purposes of this study were to construct object relations scale for young adults, and to examine validity of the scale. In Study 1, factor analysis on the data of 566 participants found five factors: insufficiency of intimacy, superficiality in interpersonal relations, egoistic manipulation, excessive need for identification, and abandonment anxiety. They had a simple structure with a total of 29 items. In Study 2, validity of the scale was examined with a new sample of 1041 participants. Data analysis showed validity in terms of the factor structure of the subscales, and gender and age differences found in them were in the expected patterns. The relationship to personality traits was examined with five factor scores of NEO-FFI. By and large, the correlation coefficients between the subscales and five factor scores were in the expected directions, indicating correlational validity of the scale.

収録刊行物

  • パーソナリティ研究

    パーソナリティ研究 14(2), 181-193, 2006

    日本パーソナリティ心理学会

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004353360
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11873802
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    1348-8406
  • NDL 記事登録ID
    7857115
  • NDL 雑誌分類
    ZS2(科学技術--心理学)
  • NDL 請求記号
    Z74-B175
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ