文化資源アーカイブズの共同構築と共同利用 : 人智・文化・世界遺産の保存と共有を目指して(パネル討論「ディジタル・アーカイブの教育活用の現状と課題」, 日本教育情報学会第21回年会)

この論文をさがす

著者

抄録

文化人類学・民族学の分野では、従来のような西欧の視点から一方的に描く「民族誌」の集積に対する反省から、共有できる「文化資源」を共同で開発しようという動きが生じている。これをさらに進めて、開発の段階だけでなく、利用の段階でも共同性を高めた、いわば「フォーラム型」のアーカイブズを構築することができれば、人間文化に関する知識の宝庫を形成できる可能性がある。このような共同構築・共同利用のアイデアは、教育コンテンツを形成するうえでも応用できるであろう。

収録刊行物

  • 年会論文集

    年会論文集 (21), xxii-xxiii, 2005

    日本教育情報学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004581335
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11400083
  • 本文言語コード
    JPN
  • データ提供元
    NII-ELS  NDL-Digital 
ページトップへ