森鴎外「舞姫」序論 Introduction of "Maihime"

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 荻原 桂子 OGIHARA Keiko
    • 九州女子大学文学部人間文化学科 Department of Humanities, Faculty of Litetature, Kyushu Women's University

抄録

「舞姫」は、明治二三年 (一八九〇) 一月「国民之友」第69号付録に掲載された。鴎外二九歳の作である。太田豊太郎の一人称で語られるこの作品は、完成度の高さにおいて、近代文学史において重要な位置をしめている。本稿は、ここに描かれる太田豊太郎の近代知識人としてのありかたについて考えるなかで、その感性を導きだしたエリスの存在について考察する。明治日本の精神においては、異国での結婚を前提とした恋愛、官命への反抗、家の放棄は、倫理に反する重罪であった。たとえば、愛した女性を捨てるよりも、国家や家を捨てることのほうが、罪が深いとされる。明治日本の精神構造のなかでは、個人の精神は、抹殺される。そのなかで、エリスは狂い、太田豊太郎は痛恨の痛みを持続する。近代知識人太田豊太郎が超えようとした近代とは何だったのか。森鴎外「舞姫」について論及する。

収録刊行物

  • 九州女子大学紀要. 人文・社会科学編

    九州女子大学紀要. 人文・社会科学編 39(1), 85-92, 2002-10

    九州女子大学・九州女子短期大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004624723
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10143588
  • 本文言語コード
    JPN
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    09162151
  • NDL 記事登録ID
    6489338
  • NDL 雑誌分類
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要)
  • NDL 請求記号
    Z22-663
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ