バスケットボールのゲームにおける速攻の要因について(自然科学編) Factor of the Fast-break in Basketball Games(Natural Sciences)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

バスケットボールのゲームでは、チームのボール保持によって攻撃と防御が交互にまたは連続的に行われる。このようなゲームにおける攻撃と防御の切り替えは、バスケットボールの特徴的なプレーということができるであろう。その中速攻は、防御から攻撃への早い局面転換や得点地域へ早くボールを進めてショットする特性を持っており、短時間に多くの得点が可能となる第1攻撃法といわれている。本研究は、バスケットボールのゲームにおける攻防の転換局面においてバックコートでボールを獲得したチームのボール獲得方法と攻撃形態の関係および、フロントコートへボールを進める時間と攻撃形態の関係について調査することとした。調査対象は、女子大学生の全国トップレベルのチームであり、全日本学生バスケットボール選手権の決勝リーグの6試合12チームとした。調査の結果、全攻撃数における速攻の割合は18.4%であり、ボール獲得方法別の速攻の割合は、スティール56.0%、リバウンド27.5%でありスティール、リバウンドにおいて速攻の出る割合が高かった。また、ボール獲得からボールがセンターラインを越えるまでの時間は、速攻の約60%が3秒未満であり、3秒未満でボールをフロントコートへ進めた時の速攻になる確率は、ボールをフロントコートへ3秒以上かかって進めたときの約4倍であった。速攻をスタートするチャンスは原則的には、ボールの保持が転換するごとにあり、その転換局面が不意であるほど効果的なチャンスになるが、リバウンドやその他の方法によるボールの獲得から、ファーストパスの距離や速さといった防御から攻撃への素早い局面転換が必要となり、ボール獲得から概ね3秒でボールがセンターラインを越えることがその目安になると考えられる。

The purpose of this study is to investigate the conversion phase on the fast-break in basketball games. A relationship between the patterns of ball possession of the team in the back coat and offensive actions, and the relationship of the time and the offensive actions, which takes to advance the ball to front coat were analyzed. The national top-level of women's college team were used as the research objects. In case that opponents' ball were intercepted, 56% of offensive actions became the fast-break; in case of the defensive rebound, 27.5% of them became the fast-break. Among the total number of fast-break, approximately 60% of the offensive attacks which take less than 3 seconds until the ball crosses center-line could be the fast-break as compared with total number of the offensive actions. The quick conversion-phase from defense to offence as results of ball possession such as rebound, throw-in from end-line, and so on is important factor offensive action would become the fast-break. The results of our present study revealed that 3 second until the ball crosses centerline could be that offensive action would become fast-break. The proportion of the ball acquisition method independence swift attack as a result of the investigation, the proportion of the swift attack in all attack numbers was 18.4%, and they were steal 56.0%, rebound 27.5%. And, the time until the ball crosses the center line from the ball acquisition about 60% of the swift attack was under 3 seconds, and it was taken over 3 seconds to the front coat, they were promoting about 4 times in the time in respect of the ball swift attack 3 second ball the front coat.

収録刊行物

  • 九州女子大学紀要. 自然科学編

    九州女子大学紀要. 自然科学編 41(4), 1-9, 2005-02

    九州女子大学・九州女子短期大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004624938
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10143613
  • 本文言語コード
    JPN
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    0916216X
  • NDL 記事登録ID
    7270282
  • NDL 雑誌分類
    ZM2(科学技術--科学技術一般--大学・研究所・学会紀要)
  • NDL 請求記号
    Z14-1474
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ