ポーズ後のモーラ長短縮について Notes on Post-pausal Mora Shortening

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ポーズ後のモーラの長さが(ポーズがない場合と比較して)短くなる現象について分析した。その結果、(1) ポーズ後のモーラの長さは、ポーズがない場合に比べて平均25%短いこと、(2) 文頭のモーラの長さと文中ポーズ直後のモーラの長さは似ていること、そして(3) 文中ポーズの長さが約300msと、比較的長い場合、文中ポーズがポーズ後のモーラの長さに及ぼす影響は、文に先行する無音区間が文頭のモーラの長さに及ぼす影響と同様であると考えることができること、などの点が明らかになった。

The aim of this paper is to examine the nature of post-pausal mora shotening by comparing the durational property of relevant moras in different positional and pausal environments. The results indicate that(1) a post-pausal mora is shorter than its non-postpausal counterpart by approximately 25%, (2) the duration of a mora preceded by an intra-sentential pause is similar to the duration of an utterance-initial mora, and (3) the effect of a fairly long intra-sentential pause (approxaimately 300ms) on the duration of the following mora is similar to the effect of a pre-utterance silent interval on th duration of the utterance initial mora.

収録刊行物

  • 富山県立大学紀要

    富山県立大学紀要 15, 20-26, 2005-03-31

    富山県立大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004625807
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10358595
  • 本文言語コード
    ENG
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    09167633
  • NDL 記事登録ID
    7793585
  • NDL 雑誌分類
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要)
  • NDL 請求記号
    Z22-1659
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ