アルミニウム陽極酸化皮膜の接合性と耐食性に関する研究 Ultrasonic welding characterist and corrosion resistance of aluminum anodic oxide film

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

アルミナセラミックスであるアルミニウム陽極酸化皮膜とアルミニウムの超音波接合、及び、その接合材(特に皮膜)の耐食性(耐アルカリ性)について示す。用国産化皮膜の直接接合では、皮膜が脆いため接合時に破損が見られる。しかし、インサート材としてアルミニウム合金を真空蒸着することにより、低圧力・短時間で皮膜破損を伴わない接合材が得られ、インサート材(AI蒸着)の有効性が確認できた。また、皮膜の耐アルカリ性は、熱水処理温度が高いほど改善され、皮膜組織の影響を強く受けることが明らかになった。

This paper gives a description of an experimental study of sltrasonic welding of ceramics and metals. Ultrasonic welding has made possible the selding of various ceramics, such as Al_2O_3, Z_rO_2 and Si_3N_4. In this study, aluminum anodic oxide film is used as thin alumina ceramics. In addition, the corrosion resistant (alkali resisitance) improvement in the obtained welding products (especially anodic oxide film) is investigated. In the direct ultrasonic welding to the anodic oxide film, since the film was weak, breakage of th film was observed. When the aluminum alloy was vapor deposited on the film as inserts, the welding products without breakage was obtained in low welding pressure and a short welding products without breakage was obtained in low welding pressure and a short welding time. And the alkali resisitance of a film improved, so that hydrothemal treatment temperature was high.

収録刊行物

  • 富山県立大学紀要

    富山県立大学紀要 15, 46-53, 2005-03-31

    富山県立大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004625810
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10358595
  • 本文言語コード
    JPN
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    09167633
  • NDL 記事登録ID
    7793728
  • NDL 雑誌分類
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要)
  • NDL 請求記号
    Z22-1659
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ