分岐同期型衝撃波管における平面衝撃波の形成過程 Formation Process of a Planer Shock Wave in a Bifurcated Shock Tube

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究では、分岐同期型衝撃波管の製作に当たり、衝撃波管の主要寸法を決定するための基礎データを得ることを目的とし、数値計算によって分岐同期型衝撃波管内における平面衝撃波の形成過程を調べた。計算では、2次元Euler方程式と理想気体を仮定した状態方程式を支配方程式とし、衝撃波管の高圧部と低圧部との境界位置および衝撃波管湾曲部の曲率をパラメートとした。計算の結果、分岐同期型衝撃波管における隔膜の設置位置や衝撃波管の湾曲部の曲率が平面衝撃波の形成過程に及ぼす影響を明らかにした。

Two shock waves reflect each other in the test section of a bifurcated shock tube, so that the configuration of the shock wave reflection from the surface without any wall efects can be observed in the shock tube. The purpose of the present work is to obtain the fundamental data which is necessary to determine the main size of the tube. The formation process of a planer shock wave in the bifurcated shock uber is studied numerically. Governing equations are the two-dimensional Euler equations for a calorically curvanture of the bifurcated driven sections. The effects of these paramenters to the formation process of the planer shock wave in the bifurcated shock tube are revealed.

収録刊行物

  • 富山県立大学紀要

    富山県立大学紀要 15, 54-60, 2005-03-31

    富山県立大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004625811
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10358595
  • 本文言語コード
    JPN
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    09167633
  • NDL 記事登録ID
    7793752
  • NDL 雑誌分類
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要)
  • NDL 請求記号
    Z22-1659
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ