非接触液面形状測定法の開発 Development of Non-contact Measurement of Liquid Surface Profile

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究では内部混合型に流体噴霧器内部の流れ構造を調べることを目的として、多重光線に用いた非接触液面形状測定法を開発した。凹凸を有する液面に入射した光線は液面で屈折し、下方に置かれたスクリーン上に、液面が水平であった場合と異なる位置に光点として映し出される。この光点の変位量から液面の傾斜角を求めることができる。同時に多くの点で傾斜角を求め積分することにより、液面形状を求めることができる。この方法の有効性を調べるために、透明アクリルで製作したモデル液面の形状測定を行い、触針式粗さ計の結果と比較して定性的によい一致が見られることを示した。

A non-contact method of measureing liquid surface profile using multi-beams is developed with the aim of applying it to the study of the flow patterns in twin-fluid internal mixing atomizers. When a light beam passes through the liquid whose surface is wavy, it is refracted at the surface and reaches a spot defferent from the one in the case of a flat surface. The slope of the liquid surface can be calculated from the distance between these two sopts. If the slope is obtained at a sufficient number of points on the surface, the profile of the surface will be obtained by integration. In order to examine the applicability, model liquid surfaces made of transparent acrylic plate were measured by this method, and the result wascompared with that of a roughness meter. The agreement between them is qualitatively good.

収録刊行物

  • 富山県立大学紀要

    富山県立大学紀要 15, 61-65, 2005-03-31

    富山県立大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004625812
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10358595
  • 本文言語コード
    JPN
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    09167633
  • NDL 記事登録ID
    7793773
  • NDL 雑誌分類
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要)
  • NDL 請求記号
    Z22-1659
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ