Escherichia coli K-12由来のイソアスパラギナーゼ遺伝子(pepE)のクローニングと大量発現 Cloning of isoasparaginase (αaspartyl dipeptidase) gene from Escherichia coli K-12 and overexpression of the gene in E. coli

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

L-イソアスパラギンのα-アミド基を加水分解し、アスパラギン酸を生成する反応を触媒するイソアスパラギナーゼと同一酵素と考えられるα-アスパルチルジペプチターゼ(pepE)をコードする遺伝子、pepEを大腸菌K-12株よりクローン化した。その開始コドン上流部分を改良したpepEを大腸菌JM109株で大量発現させた場合、その無細胞抽出液のPepE活性はL-アスパラギンサンP-ニトロアニリドを基質とした場合、2.92ユニット/ミリグラムとなった。この値はコントロールの2100倍である。本酵素を大腸菌形質転換体の無細胞抽出液より精製し、その酵素化学的諸性質を明らかにした。本酵素は50℃及びpH8.0において最大活性を示した。精製酵素を用いてL-イソアスパラギンとL-フェニルアラニンメチルエステルからのアスパルテームの合成を検討した。

Isoasparaginase from E. coli K-12, which catalyzes the hydrolysis of L-isoastaragine to form L-aspartic acid and ammonia, was previously identified as α-aspartyl dipeptidase. The gene encoding the isoasparaginase (α-aspartyl depeptidase, PepE) was colned from the chromosomal DNA of E. coli K-12. The pepE gene modified in the nucleotide sequence upstream from its start codon was overespressed in E. coli JM109. The activity of the recombinant PepE enzyme in cell-free extracts of E. coli JM109 harboring pepE-expression plasmid was 2.92 units mg_-1 with L-aspartic acid p-nitoroanilide as substrate, which was 2100 times higher than that of E.coli hast. This enzyme was purified to electrophoretic homogeneity by ammonium sulfate fractionation and four column chromatography steps. It had maximal activity at 50℃ and pH 8.0. Enzymatic synthesis of aspartame was attempted using the purified PepE with L-isoasparagine and L-phenylalanine methyl ester as substrates.

収録刊行物

  • 富山県立大学紀要

    富山県立大学紀要 15, 91-96, 2005-03-31

    富山県立大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004625817
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10358595
  • 本文言語コード
    ENG
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    09167633
  • NDL 記事登録ID
    7793915
  • NDL 雑誌分類
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要)
  • NDL 請求記号
    Z22-1659
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ