ヒドラを用いた慢性毒性試験の開発 Development of Hydra Chronic Toxicity Test

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 楠井 隆史 KUSUI Takashi
    • 富山県立大学短期大学部環境システム工学科 Department of Environmental Systems Engineering, College of Technology

抄録

ヒドラ急性毒性試験を基に、マイクロプレートで実施できる小規模慢性毒性試験の開発を目指し、給餌条件や暴露期間などの基礎的条件の検討を行った。その結果、コントロールでは1日目から5・12日目まで0.20〜0.26(day-1)の範囲の比増殖速度が得られたが、途中で土日に給餌を行わない場合は行ったグループに比べて比増殖速度が優位に低下した。比増殖速度を指標として、4種類の重金属と二種類の排水を用いて慢性毒性試験の感受性を検討した結果、試験期間(4日、7日、11日)や給餌の有無による影響の一般的な傾向は認められなかった。慢性毒性試験の指標として比増殖速度のEC50とNOECを比較すると、NOECのほうが2〜3倍感度の高い結果が得られた。急性毒性値(EC50)と比較すると、急性慢性比(EC50・NOEC)は平均で約5〜6であった。以上の結果から、4日間(96時間)で実用的には十分な感度が得られる慢性毒性試験が確立できた。

To develop small scale hydra chronic toxicity test based on acute method, experimental conditions including feeding ratio and exposure time have been examined using four heavy metals and two effuents as test samples. In control conditon, specific growth rate for 5 to 12 days ranged from 0.20 to 0.26(day_-1), which was reduced significantly without feeding for two intervining days. Specific growth rate was used as a endpoints to study the sensitivity of this chronic assay. The duration of test ie. 4, 7, 12 days and feeding rate did not show any general effect on chronic values such as EC50s and NOECs. Among two chronic values, NOECs were two to three times more sensitive than EC50s. Acute chronic ratio (EC50/NOEC) was about 5 to 6 on average. Based on these results, 96hr-chronic assay was proved to be most practical and as sensitive as those with longer exposure time.

収録刊行物

  • 富山県立大学紀要

    富山県立大学紀要 15, 111-116, 2005-03-31

    富山県立大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004625820
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10358595
  • 本文言語コード
    JPN
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    09167633
  • NDL 記事登録ID
    7793977
  • NDL 雑誌分類
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要)
  • NDL 請求記号
    Z22-1659
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ