ため池の気象緩和効果に関する基礎的徴 A Survey on Moderation of Microclimate by an Irrigation Pond

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 能登 勇二 NOTO Yuji
    • 富山県立大学短期大学部環境システム工学科 Department of Enviromental Systems Engineering, College of Technology
    • 瀬川 勇人 SEGAWA Hayato
    • 富山県立大学短期大学部環境システム工学科 Department of Enviromental Systems Engineering, College of Technology

抄録

ため池の気象緩和効果について、勅使ヶ池を対象に、2年間にわたり基礎的な気象要素の観測を行った。その結果、ため池には、夏期は日中、夜間とも周辺の気温を下げ、冬期は周囲の気温を上げる気象緩和効果があり、その大きさは、いずれの場合もほぼ1℃前後以下であると推定される。ため池の周辺への気象的影響範囲はため池から高々数十mの範囲までである。ため池周囲の日平均気温、日最高気温、日最低気温についても、夏期に比較対象地点より低く、冬期には逆に高く、気象緩和効果が認められることなどが明らかとなった。

By a survey on microclimate at a irrigation pond and around it, the following and so on became clear. The temperature around the pond changes according to the difference between temperatures of the water in the pond and neighborhood around it. The range which the temperature changes into is limited to the neighborhood ofj just at the pond. The temperature above the pond bank is lower in the summer than the temperature of st.F in our college, and it becomes higher than the temperature of st.F in the winter season.

収録刊行物

  • 富山県立大学紀要

    富山県立大学紀要 15, 117-122, 2005-03-31

    富山県立大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004625821
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10358595
  • 本文言語コード
    JPN
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    09167633
  • NDL 記事登録ID
    7794000
  • NDL 雑誌分類
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要)
  • NDL 請求記号
    Z22-1659
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ