窒素飽和土壌における亜酸化窒素(N_2O)フラックスの測定 The measurement of N_2O flux from a nitrogen-saturated watershed

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 長井 丈史 NAGAI Takeshi
    • 富山県立大学短期大学部環境システム工学科 Department of Environmental Systems Engineering College of Technology

抄録

大気からの窒素化合物の沈着量の増加は、生態系の窒素循環にさまざまな影響を及ぼすとして、その動向が注目されている。特に森林土壌の窒素飽和現象は、近年世界各地でその兆候が報告されるに至り、その影響が懸念されている。富山県の呉羽丘陵の渓流水はいずれも高濃度の硝酸イオンを含み、窒素飽和現象によると考えられている。この硝酸イオンは土壌の表面近くで生成されており、土壌の表面近くでは電子供与体としての有機物が豊富に存在することから、土壌内部が嫌気状態になると容易に脱窒が生じるものと考えられる。脱窒反応は、地球温暖化ガスとしての亜酸化窒素N_2Oの生成を伴うことから、本研究では窒素飽和が亜酸化窒素(N_2O)の生成を促進する可能性について調べた。その結果、窒素飽和となっている呉羽丘陵の百牧谷集水域土壌からは1.87μg-N/m_2/hourのN_2Oフラックスが測定されたのに対し、窒素飽和になっていない三の熊の集水域土壌からは0.15μg-N/m_2/hourしか発生していなかった。これらの結果から、窒素飽和はN_2Oの生成を促進する可能性が大きいことが判明した。

Many watersheds of Kureha Hill, Toyama, Japan suffer from nitorgen saturation. The high concentration of nitrate leached to the stream water was thought to be produced in the shallow soils where plenty of electron donors, I.e. ofganic matters, exist. The existene of both nitrate and electron donors may accelerate the denitrification process in which N_2O as a green house gas would be produced. We measured the N_2O flux both from a nitrogen-saturated forest floor and a non-aturated forest floor to the atmosphere in order to determine the effect of nitorgen saturetiaon on the emission of N_2O. Some chamber units were installed on the forest floor to collect N_2O gas. A gaschuromatogragh with a non-radio active ECD detector was used for determining the N_2O concentration. Much higher flus of N_2O observed in the nitrogen-saturated watershed confimed the acceleration of N_2O emission and denitrification induced by nitrogen saturation.

収録刊行物

  • 富山県立大学紀要

    富山県立大学紀要 15, 123-128, 2005-03-31

    富山県立大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004625822
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10358595
  • 本文言語コード
    JPN
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    09167633
  • NDL 記事登録ID
    7794024
  • NDL 雑誌分類
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要)
  • NDL 請求記号
    Z22-1659
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ