立山における大気汚染物質の測定 Measurements of Air Pollutants at Mt. Tateyama

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 渡辺 幸一 WATANABE Koichi
    • 富山県立大学短期大学部環境システム工学科 Department of Environmental Systems Engineering, College of Technology

抄録

北陸地方の山岳大気環境の評価を行うため、2003年の秋期及び2004年の夏期から秋期に、立山において、オゾン(O_3)や窒素酸化物(NJO_x)濃度の測定や霧水の採取・分析を行った。立山中腹の美女平(標高、977m)で測定したO_3濃度には興味深い日変化が観測され、夏期には日中(午後)に濃度が高くなる明瞭な日変化がみられたが、秋期には日変化が小さくなった。同時に測定された NO_2濃度から、O_3濃度の日変化の季節依存性は、大気汚染物質の輸送過程の相違によるものではなく、O_3の光化学生成に支配されているものと考えられる。霧水については、美女平より、山頂に近い室堂平(標高、2450m)で、強い酸性霧が観測され、硫酸イオン濃度が高かった。2004年9月に室堂平で測定した霧水中の過酸化物濃度は、30〜150μMと非常に高く、SO_2を酸化させる潜在的な能力が十分高いものと考えられる。

To elucidate atmospheric environmenta at moutainous sites in Hokuriku district, measurements of ozon(O_3) and nitrogen oxides (NO_x) concentrations, and sampling and analysis of fog water were performed at Mt, Tateyama during the autumn in 2003 and the summer and autumn in 2004. Clear diurnal variations with reaching a maximum during the afternoon were observed at Bijodaira (altitude, 977m), mid-slope of Mt. Tateyama in the summer. On the other hand, diurnal variations were unliear in the autumn. Judging fron the NO_2 variations, the difference of diurnal variaitons of O_3 between during the summer and the autumn might not have been due to the transport processes of air pollution, but have been due to the photochemical processes. Acidic fogs were mainly observed at Murododaira (altitude, 2450m) near the summit of Mt. Tateyama. High concentrations of sulfate were detected in the acidic fog water. High concentrations of peroxides (30-150μM) in the fog water were also observed at Murododaira in Septemer 2004.

収録刊行物

  • 富山県立大学紀要

    富山県立大学紀要 15, 129-134, 2005-03-31

    富山県立大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004625823
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10358595
  • 本文言語コード
    JPN
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    09167633
  • NDL 記事登録ID
    7794045
  • NDL 雑誌分類
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要)
  • NDL 請求記号
    Z22-1659
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ