価格の上限規制と企業の生産特化(<特集>経済法・経済規制と産業組織) Price-ceiling and Product Specialization(<Special issue>Economic Law and Industrial Organization)

この論文をさがす

著者

抄録

この論文では,2つの市場に財を供給する独占企業を考える.ある市場における価格規制が,独占企業の生産特化に及ぼす影響について簡単な考察を行う.価格の上限規制が課されると,独占企業はその規制が存在する市場に生産の重点を置くことが示される.対して,川上企業との取引を考慮して分析すると重点を置く市場が大きく変わり,上限規制が緩い場合には,規制の存在しない市場に重点を置くことが示される.

In this paper, I consider a monopolist who supplies to two markets. I briefly consider how a price-ceiling imposed on one of the markets affects the product specialization of the monopolist. The price-ceiling induces the monopolist to specialize in the market in which the regulation is imposed. On the contrary, if the monopolist procures its inputs from an upstream monopolist, the monopolist specializes in the market in which the regulation is not imposed, when the priceceiling is not so restrictive.

収録刊行物

  • 社會科學研究

    社會科學研究 56(3/4), 135-145, 2005-03-10

    東京大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004633761
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00108966
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    特集
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    03873307
  • NDL 記事登録ID
    7492067
  • NDL 雑誌分類
    ZE1(社会・労働--社会科学・社会思想・社会学)
  • NDL 請求記号
    Z6-281
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  IR 
ページトップへ