自由民権運動の胎動  [in Japanese] Quickening of the people's right movement  [in Japanese]

Abstract

一九世紀後半、突如パワーポリティクスの支配する国際政治社会の中に投げ出された日本は、それに対応できない幕府をたおし、明治政府 (権力) を樹立した。新政府は、国家機構の近代化とそれを支える国民の創出を急いだ。対人民策と権力者間の調整のためまず神政的専制として出発した新政府が、速やかに啓蒙的専制に変身し立憲政体の樹立をめざすのは、かかる課題からして当然であった。そして自由民権運動は、かかる新政府、ことに啓蒙的専制の新政府の内に胎胚し、権力闘争を直接の契機とする政変 (いわゆる征韓論争による政府分裂) により、右の課題を政府外に持ち出し、人民の名において右の課題の確認を政府に要請したとき出発した。すなわち、自由民権運動は、政府権力を母体とした啓蒙的専制の申し子として出発したのである。

Journal

Journal of Atomi Gakuen Women's College   [List of Volumes]

Journal of Atomi Gakuen Women's College 28, 123-144, 1995-03-15  [Table of Contents]

Atomi University

Preview

Preview

Codes

  • NII Article ID (NAID) :
    110004645557
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID) :
    AN0001181X
  • Text Lang :
    JPN
  • Article Type :
    Departmental Bulletin Paper
  • Journal Type :
    大学紀要
  • ISSN :
    03899543
  • NDL Article ID :
    3306698
  • NDL Source Classification :
    A46(政治史--日本)
  • NDL Source Classification :
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要)
  • NDL Call No. :
    Z22-543
  • Databases :
    NDL  NII-ELS  IR 

Share