見出しの階層関係を利用したWWW検索精度の改善 Improvement in precision and recall of a WWW Search Engine by using Hierarchical Structure of Headline

この論文をさがす

著者

抄録

我々は,Web検索エンジンの検索精度を更に向上させるため,Webページ内に現れる検索キーワード間の意味的係り受け関係の利用について検討している。本稿ではキーワード間の意味的関係を表すような構造として,「見出しの階層関係」に着目し,検索精度の向上に役立つ事を検証する。また,この方法によって検索精度が向上する事を実験的に検証する。尚,2つのキーワードを用いて検索する場合が多い事に着目し,本研究では当面2語による検索を研究対象とする。

In This paper, we propose a method to improve precision and recall of WWW search engines. In order to improve the precision and recall, our search engine checks whether input keywords have a semantic relation in the candidate pages or not. Semantic relations between keywords are represented by using structures, such as sentence, table, headlines and so on. In this paper we deal with headlines as a structure to represent semantic relations. We focus on retrieval conditions represented by two kyewords and propose a method to detect semantic relations between them represented by the structure of headlines in candidate pages. We also show an experimental evaluation of our method.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. NLC, 言語理解とコミュニケーション

    電子情報通信学会技術研究報告. NLC, 言語理解とコミュニケーション 105(595), 1-6, 2006-02-03

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  5件中 1-5件 を表示

被引用文献:  6件中 1-6件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004662879
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10091225
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    7846516
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ