文構造における検索キーワード間の修飾-被修飾関係に基づくWWW検索精度の向上 Improvement in precision of WWW Search Engines based on Dependency Relation between Input Keywords

この論文をさがす

著者

抄録

ウェブ検索エンジンに,ユーザが検索キーワードとして2つの語を入力した場合に,その2語が整合的な修飾-被修飾関係を持って文書中に出現しているか否かを判定する,ランキング手法を提案する.キーワード間の修飾-被修飾関係を表現する構造として,本研究では文構造を取り上げる.提案する手法と近接関係を用いた手法との絞り込み精度を比較する実験を行う.

In this paper, we propose a method to improve precision of WWW search engines. When Web search engines are used, the user inputs keywords. Web search engines accept a few keywords as a retrieval condition, and select candidate pages based on some statistics value such as TF/IDF and so on. We think that the keywords input by users have a semantic relation. We try to improve retrieval accuracy by checking whether two keywords have a dependency relation in the candidate pages or not. We deal with sentence as a structure to represent dependency relations between keywords. We construct a meta search engine which accept output of an ordinary search engine and select plausible ones by checking dependency relation. We also show an experimental evaluation of our method.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. NLC, 言語理解とコミュニケーション

    電子情報通信学会技術研究報告. NLC, 言語理解とコミュニケーション 105(595), 7-12, 2006-02-03

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  5件中 1-5件 を表示

被引用文献:  3件中 1-3件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004662880
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10091225
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    7846538
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ