併存する他動詞 : 「つなぐ」と「つなげる」の意味 Coexistent transitive verbs : "Tsunagu" and "Tsunageru"

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

現代日本語の他動詞の中には,「つなぐ」と「つなげる」のように,意味と語形に共通部分を有する他動詞の組み合わせが存在する。本稿においては,この「併存する他動詞」である「つなぐ」と「つなげる」の意味的な類似点と相違点を明らかにする事を試みた。まず,それぞれの語の複数の意味から多義的別義を導き出し,多義の構造を解明し,その語にそなわっている基本的意味を規定した。二つの語の基本的意味は,「つなぐ」が「本来は切れたり離れたりしていないものが2つに離れている場合,それらをひと続きにすること」であり,「つなげる」は「本来は別の2つのものをひと続きにすること」である。意味の違いはその対象が「ひと続きになることが,本来的に自然なことであるかどうか」という点にある。また,この二つの語の多義構造を検証するために,「自己制御性」概念を導入し「つなぐ」と「つなげる」に共通している意味を明らかにした。

収録刊行物

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004672022
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11584135
  • 本文言語コード
    JPN
  • データ提供元
    NII-ELS 
ページトップへ