Event構造におけるアスペクト転換 : 「たて」構文の分析  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

    • 山田 昌史
    • 神田外語大学言語科学研究センター Kanda University of International Studies

Abstract

本論文は、「焼きたてのパン」のような動詞に接続し、修飾要素を形成する形態素「たて」について記述的一般化を試み、「たて」構文の生成メカニズムをPustejovsky(1991)の提案するevent構造の観点から理論的検証を行う。「たて」構文が可能な述語は、有界/非有界のどちらの解釈も可能なアスペクト特性が語彙的に未指定であるアスペクト中立述語であることを観察し、「たて」構文は、形態素「たて」の複合によって、もともと中立的であった述語から有界的な性質を取りたてることで生じる構文であることを明らかにする。本論文では、event構造におけるsubeventの顕在化のメカニズムを提案し、アスペクト的に中立である述語は、<act>、<state>の顕在化未指定の2つのsubeventを持つと仮定し、「たて」が、<state>のsubeventを顕在化することで、「たて」構文が成立すると主張する。

Journal

  • Scientific approaches to language

    Scientific approaches to language 3, 241-262, 2004-03-30

    Kanda University of International Studies

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110004683454
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11646516
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Departmental Bulletin Paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    13473026
  • NDL Article ID
    8524581
  • NDL Source Classification
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要) // ZM2(科学技術--科学技術一般--大学・研究所・学会紀要)
  • NDL Call No.
    Z71-G644
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  IR 
Page Top