禁断探索法による二分決定グラフの簡単化について An Application of Tabu Search for Simplifying Binary Decision Diagrams

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 西部 圭悟 Nishibe Keigo
    • 日立エスケイソーシャルシステム(株):工学部電子情報工学科 Hitachi SK Social System Co., Ltd.:Department of Electronics and Informatics, Faculty of Engineering

抄録

二分決定グラフは論理関数を表現するに有効な手段の一つである.二分決定グラフの大きさは,それを展開する変数順序に依存する.本文では,規模の小さい二分決定グラフを定める変数順序決定を,近似最適化手法の一つである禁断探索法を応用することにより求める手法を提案し,計算機実験によりその有効性を評価する.

Binary decision diagrams are efficient representations for binary logic functions. The size of a binary decision diagram depends on its variable ordering. This paper introduces a tabu search that is able to simplify binary decision diagrams. The paper then shows the experimental results for the tabu search.

収録刊行物

  • 富山県立大学紀要

    富山県立大学紀要 14, 61-67, 2004-03-31

    富山県立大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004685709
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10358595
  • 本文言語コード
    JPN
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    09167633
  • NDL 記事登録ID
    7019721
  • NDL 雑誌分類
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要)
  • NDL 請求記号
    Z22-1659
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ