時間制限式サービスのポーリングシステムの一般的な擬似保存則 A General Pseudo-Conservation Law for a Polling System with Time-Limited Service Discipline

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

1人の扱い者(サーバ)が巡回して、N(≧2)種類の客(ジョブ、呼、パケット等)の各待ち行列(バッファ)のサービスを行う巡回形待ち行列システム(ポーリングシステム)における仕事量の一般的な擬似保存則を導いている。これは、情報通信システムにおけるシステム遅延の近似評価やサーバ(プロセッサ)のサービス規律の最適化の研究に応用されている。まず、客の到着が集団的な場合を含む複合ポアソン過程に従うM^X/G/1型ポーリングシステムにおいて、客種ごとに異なる最大サービス期間だけ各待ち行列でサービスを行う「時間制限式」のサービス規律の下に、擬似保存則を導いている(定理1)。次に、既に求められている5種板の代表的なサービス規律(全処理式、ゲート式、客数制限式、半全処理的、確率制御式)の結果と本論文で求めた時間制限式のサービス規律の結果を統合して、今迄に最も一般的な擬似保存則を導いている(定理2)。

We consider a cyclic-service queueing system (polling system) with time-limited service, in which the length of a service period for each queue is controlled by a timer, i. e., the server serves customers until the timer expires or the queue becomes empty, whichever occurs first, and then proceeds to the next queue. The customer whose service is interrupted due to the timer expiration is attended according to the non-preemptive service discipline. For the cyclic-service system with structured batch Poisson arrivals (M^X/G/1) and an exponential timer, we derive a psuedo-conservation law and an exact mean waiting time formula for the symmetric system. Furthermore we provide a general psuedo-conservation law for exponential time-limited service and some basic services.

収録刊行物

  • 富山県立大学紀要

    富山県立大学紀要 14, 68-76, 2004-03-31

    富山県立大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004685710
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10358595
  • 本文言語コード
    ENG
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    09167633
  • NDL 記事登録ID
    7019747
  • NDL 雑誌分類
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要)
  • NDL 請求記号
    Z22-1659
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ