機能性ナノ結晶材料における化学からのアプローチ Approach to Nanosized Functional Crystals by Chemical Method

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 張 帆 ZHANG Fan
    • 富山県立大学大学院工学研究科電子情報工学専攻:工学部電子情報工学科 Department of Electronics and Informatics, Faculty of Engineering

抄録

自発分極を有する酸化物強誘電体材料、(Ba,Sr)TiO_3と(Pb,Sr)TiO_3を化学共沈殿法で作成し、ナノサイズの結晶が得られた。硝酸塩とモノマーチタン(IV)テトラブトキシドとシュウ酸をスタート原料とした。中間化合物に対する分析により、全体の化学反応過程が明らかにされ、単一ペロブスカイト構造の結晶が合成できた。得られた(Ba,Sr)TiO_3と(Pb,Sr)TiO_3の直径はそれぞれ70nmと100nmであった。この結果により異なるナノスケールの結晶作成への道が開かれた。

Nanosized ferroelectric oxide materials, (Ba,Sr) TiO_3 and (Pb,Sr) TiO_3 which have spontaneous polarization, have been successfully prepared by using a chemical co-precipitation method. Starting materials were nitrates, monomer titanium (IV) tetrabutoxide and oxalic acid. Intermediates of lead-strontium titanyl oxalate (PSTO) or barium-strontium titanyl oxalate (BSTO) were chemically co-precipitated, and then dried and calcinated for preparing (Ba,Sr) TiO_3 or (Pb,Sr) TiO_3 nano-powders. The reaction process was characterized by infrared absorption spectrum, thermo gravimetric analysis, differential thermal analysis and X-ray diffraction. The diameters of (Ba_<0.5>Sr_<0.5>) TiO_3 and (Pb_<0.5>Sr_<0.5>) TiO_3 with monophase perovskite structure were 70nm and 100nm. This result indicated a possible way to prepare ferroelectric crystals with different nanosize.

収録刊行物

  • 富山県立大学紀要

    富山県立大学紀要 14, 87-90, 2004-03-31

    富山県立大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004685712
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10358595
  • 本文言語コード
    JPN
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    09167633
  • NDL 記事登録ID
    7019924
  • NDL 雑誌分類
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要)
  • NDL 請求記号
    Z22-1659
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ