Escherichia coli K-12が生産するイソアスパラギナーゼのα-アスパルチルジペプチダーゼとしての同定 Identification of Isoasparaginase from Escherichia coli K-12 as α-aspartyl dipeptidase

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

Escherichia coli K-12(TPU6303)の無細胞抽出液よりイソアスパラギナーゼを精製し、そのN末端アミノ酸配列を決定した。TSK-GEL Octyl-80Tsを用いてHPLCで精製されたフラクションαおよびフラクションβの分子量は、SDS-PAGEにより、それぞれ約25,000および27,000と算出された。フラクションαのN末端アミノ酸配列を20残基決定し、E.coliのリボース-5-リン酸イソメラーゼAと同定した。フラクションβのN末端アミノ酸配列を18残基決定し、α-アスパルチルジペプチダーゼ(PepE)(アスパルチルアミノペプチダーゼ、EC 3.4.11.21)と同定した。以上より、E. coliに検出されたイソアスパラギナーゼはα-アスパルチルジペプチダーゼと同一酵素であることが明らかになった。

Isoasparaginase was purified from the cell-free extract of Escherichia coli K-12 (TPU6303) and its N-terminal amino acid sequence was determined. The molecular weight of the fraction α and fraction β, which were separated by HPLC on a TSK-GEL Octyl-80Ts column, was calculated to be about 25,000 and 27,000 by the SDS-PAGE. Twenty residues in the amino-terminal region of fraction α were identical to 20 residues of ribose-5-phosphate isomerase A from E. coli. Eighteen residues in the amino-terminal region of fraction β were identical to 20 residues of α-aspartyl dipeptidase (peptidase B) from E. coli and Salmonella typhimurium Isoasparaginase was judged to be equal to aspartyl dipeptidase (PepE) (aspartyl aminopeptidase, EC 3.4.11.21). Therefore, isoasparaginase activity found in E. coli was identified as aspartyl dipeptidase.

収録刊行物

  • 富山県立大学紀要

    富山県立大学紀要 14, 96-103, 2004-03-31

    富山県立大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004685713
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10358595
  • 本文言語コード
    ENG
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    09167633
  • NDL 記事登録ID
    7019984
  • NDL 雑誌分類
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要)
  • NDL 請求記号
    Z22-1659
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ