農業土木技術者の倫理規程について On the newly established code of ethics for Japanese rural development engineers

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 南 晃 MINAMI Akira
    • 元富山県立大学短期大学部:短期大学部環境システム工学科 our College of Technology:Department of Environmental Systems Engineering, College of Technology

抄録

筆者(広瀬)は農業土木学会に設けられた技術者倫理検討小委員会の責任者として農業土木技術者倫理規程の制定(平成14年6月)に参画したので、その経緯と内容について述べる。まず倫理規程の制定に至った技術者をとりまく時代背景に言及する。次に技術者の基本的な倫理的価値観ないしは原則について述べた規程の前文と、我々技術者がそれに従って行動することが求められる実務上の義務を示している7条からなる規範について解説する。最後にこの倫理規程の対象者は、学会員のみならず全ての農業土木技術者とする根拠を紹介する。末尾に倫理規程の本文を掲載する。なお、英文での記述にあたって、カリフォルニア大学元教授ケネス・K・タンジ氏、富山県立大学教授バデューチ・ドミニク氏、SFHL法律事務所(オハイオ州)所長ジョン・W・ホッパー氏の3名の貴重な意見を参考にした。ここに感謝申し上げる。

This commentary is intended to introduce you to our newly established rural development engineers' code of ethics and to offer you a brief account of the backdrop to its establishment as well as of what aspects of ethicality it covers. We (the Society of Irrigation, Drainage and Rural Development) have decided to institute an ethics code of our own, for one thing, in order to catch up with other engineering organizations that already have theirs, Our primary reason, however, is because we realize that the rapidly changing times and society demand that we reexamine our professional attitudes toward our engineering, and thereby confirm the ethical values or principles we should cherish as rural development engineers.

収録刊行物

  • 富山県立大学紀要

    富山県立大学紀要 14, 112-116, 2004-03-31

    富山県立大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004685715
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10358595
  • 本文言語コード
    ENG
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    09167633
  • NDL 記事登録ID
    7020014
  • NDL 雑誌分類
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要)
  • NDL 請求記号
    Z22-1659
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ