ランドサットデータを用いた演算指標による土地被覆の把握手法に関する研究 A study on the estimation method of land-cover characteristics in urban area by using the calculated Index of LANDSAT TM data

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 二ノ宮 孝章 NINOMIYA Taka-aki
    • アイザック石崎産業(株):短期大学部環境システム工学科 Department of Environmental Systems Engineering, College of Technology
    • 炭谷 七恵 SUMITANI Nanae
    • 明星薬品工業(株):短期大学部環境システム工学科 Department of Environmental Systems Engineering, College of Technology

抄録

本研究ではランドサットTMデータを用いた都市域での土地被覆状況を示す演算指標の抽出を行い、その特性について検討を行った。都市域の土地特性を示すバンド演算指標ではNDVIと同様な演算指標(7-4)/(7+4)の正規化した指標を抽出し、その指標の季節によるデータ値の相違等について検討した。その結果、撮影の季節として夏期のデータにおいてはバンド反射特性が一定しており、演算指標(7-4)/(7+4)と住宅特性との間に高い相関があることが明らかになり、それらの演算指標による土地の区分が可能なことが明らかとなった。

This study discusses estimation methods of land-cover characteristics in urban area by the calculated Indexes that used values of LANDSAT TM data and such as the index (4-3)/(4+3) it called the NDVI. Then we propose calculated Indexes that used several band values of LANDSAT TM data and examined differences of the reflection characteristic by seasons. The result indicated that the data in summer a band reflection characteristic is becoming stable in comparison with other season and that there is a high correlation between the index (7-4)/(7+4) and land-cover characteristics of residence area and the classifications of the land by those Index are possible.

収録刊行物

  • 富山県立大学紀要

    富山県立大学紀要 14, 141-146, 2004-03-31

    富山県立大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004685719
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10358595
  • 本文言語コード
    JPN
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    09167633
  • NDL 記事登録ID
    7021235
  • NDL 雑誌分類
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要)
  • NDL 請求記号
    Z22-1659
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ