立山におけるオゾン濃度の測定および霧水の採取 Measurement of Ozone Concentration and Sampling of Fog Water at Mt. Tateyama

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

北陸地方の山岳大気環境の評価を行うため、2003年の秋期(9〜11月)に立山において、オゾン(O_3)濃度の測定や霧水の採取・分析を行った。立山中腹の美女平(標高、1000m)で測定したO_3濃度の平均値は34ppbvであった。10月上旬までは、日中(午後)に濃度が高くなる明瞭な日変化が観測されたが、11月には、夜間に濃度の極大がみられた。日中の濃度増加は光化学反応によるものと考えられ、夜間の濃度増加は、山風による上空大気の沈降によるものと考えられる。夜間の濃度増加は10月においても観測され、10月上旬には、O_3濃度のダブルピークがみられた。霧水のpHは、3.3〜5.3であった。霧水のpHは、中腹の美女平より、山頂に近い室堂平(標高、2450m)のほうが低く、強い酸性霧(pH<4)も観測された。後方流跡線解析の結果から、強い酸性霧が観測された期間の室堂平の空気塊は、大陸の工業地帯を起源としていると考えられた。大陸起源の汚染物質による霧水の酸性化が、北陸地方の山岳域で起こっている可能性が示唆される。

To elucidate atmospheric environment at mountainous sites in Hokuriku district, measurement of ozone (O_3) concentration, and sampling and analysis of fog water were performed at Mt. Tateyama during the autumn season (September to November) in 2003. Mean concentration of O_3 at Bijyodaira (altitude, 1000m), mid-slope of Mt. Tateyama was 34ppbv. A clear diurnal variation with reaching a maximum during the afternoon was observed at Bijyodaira until the early October. A maximum concentration in the nighttime occurred in November. The O_3 increase in the daytime seems to be caused by photochemical reaction. On the other hand, the maximum, concentration of O_3 at night may he due to air subsidence. The nighttime rising concentration was also observed in the October, therefore, double peaks of O_3 were seen in the early October. The pH of fog water was 3.3-5.3. The pH of fog water was lower at Murododaira (altitude, 2450m) near the summit than at Bijyodaira. Highly acidic fogs (pH<4) were observed at Murododaira. According to results of the backward trajectory analysis, when the air mass at Murododaira came from the Asian Continent, the highly acidic fogs occurred. Fog water acidification may be caused by the air pollution from the Continent at mountainous sites, Hokuriku district.

収録刊行物

  • 富山県立大学紀要

    富山県立大学紀要 14, 152-156, 2004-03-31

    富山県立大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004685720
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10358595
  • 本文言語コード
    JPN
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    09167633
  • NDL 記事登録ID
    7021264
  • NDL 雑誌分類
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要)
  • NDL 請求記号
    Z22-1659
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ