経営情報システム研究の変遷と展望 Revisiting Management Information System: Its Changes and Prospect

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本稿の目的は、以下の3つの問題意識に応えることにある。第一に、情報システムの変遷を辿るとともにIT と経営との相互作用という視点から経営情報システム研究の目的や範囲がどのように変化して来たのであろうか。次々と生まれるIT の革新が経営情報システム研究にどのように影響を与えたかについて取り上げる。第二に、IT と経営との統合が進む中で、経営情報システム研究は経営の中に埋没するのであろうか、それとも独自性を保ち得るのであろうか。改めて経営情報システム研究の存在意義について取り上げる。第三に、IT の進展に伴い、これからの経営情報システム研究の発展可能性をどこに求めたらよいのであろうか。経営情報システム研究について展望する。

収録刊行物

  • 経営情報研究 : 摂南大学経営情報学部論集   [巻号一覧]

    経営情報研究 : 摂南大学経営情報学部論集 14(1), 13-26, 2006-07  [この号の目次]

    摂南大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004688198
  • NII書誌ID(NCID)
    AN1043902X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13402617
  • NDL 記事登録ID
    8056210
  • NDL 雑誌分類
    ZD23(経済--企業・経営)
  • NDL 請求記号
    Z4-B73
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ