鉱石による還元水が生体に及ぼす効果 The Effect of Mineral Water on the Living Body by Using Ceramic Ore

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

血液pH値や血糖値などを測定することによって,ラットの生体における還元水の効果を調べた.また,血液を採取し赤血球凝集の効果を見た.本実験では,7週齢のWister系ラット雄10匹を用い,全てのラットにプラスイオンを1日2時間1ヶ月間曝露したうち,鉱石水群5匹においては,水道水に鉱石を2時間浸け生成した水を与え,対照群5匹においては,水道水を与え飼育を行った.還元水は,セラミック製の鉱石を容器に2時間浸し生成し,その後,還元水をラットに与えた.鉱石水を飲んだラット群は対照群と比較した結果,血糖値及び血液のpH値が減少傾向にあり,小脳及び肝臓の酸化を抑制される傾向が見られた.さらに脳の酸化は有意に抑制され,リンパ球数が有意に増加した.よって,免疫能の向上等生体によい効果を示す事が示唆された.

We examined the effect of mineral water on the living body of rats by measuring pH level and glucose level of blood etc. Also we measured the suppression of red blood and hemagglutination. In these experiments we used ten seven weeks old Wister rats. All of rats were exposed to positive ions for two hours each day. Five of rats were given mineral water freely each day for a month. The other five rats were given just tap water. The mineral water was comprised of water and ceramic ore placed in a container for two hours. Afterwards, the water put into another container and given to the rats. The effects on the rats that were given mineral water were the reduction of glucose level and higher pH levels. The oxidations of cerebrum were decreased significantly; the amounts of white bloods were increased greatly. These showed the beneficial effects of mineral water on the living body.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス   [巻号一覧]

    電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス 105(656), 13-16, 2006-03-09  [この号の目次]

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  12件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004690692
  • NII書誌ID(NCID)
    AN1001320X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    7878237
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ