Cymbidium wadae : タイ産ラン科の一新種 Cymbidium wadae (Orchidaceae) : A New Species from Thailand

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 遊川 知久 YUKAWA Tomohisa
    • 国立科学博物館 筑波研究資料センター 筑波実験植物園 Tsukuba Botanical Garden, National Science Museum

抄録

タイ北部に自生するラン科の新種,Cymbidium wadae Yukawaを記載する。本種はCymbidium eburneum Lindl.に類似するが,茎が長いこと,葉数が多いこと,葉が短く広いこと,花色が淡紫桃であること,唇弁の隆起が3本でなく2本であることで,よく区別できる。

A new species, Cymbidium wadae, is described from northern Thailand. The species is readily distinguished from Cymbidium eburneum Lindl. by having cane-like stems, a greater number of leaves, much shorter and wider leaves, pale purplish pink perianth lobes, and two keels on the labellum.

収録刊行物

  • 筑波実験植物園研究報告

    筑波実験植物園研究報告 21, 135-138, 2002-12

    国立科学博物館

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004697629
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10009042
  • 本文言語コード
    ENG
  • ISSN
    02893568
  • NDL 記事登録ID
    6664787
  • NDL 雑誌分類
    ZR3(科学技術--生物学--植物)
  • NDL 請求記号
    Z18-1603
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ