キーボー島アドベンチャー : 検定機能を実装した小学生向け日本語キーボード入力学習システムの開発と評価(<特集>実践段階のeラーニング) "Keyboard Island Adventure" : Development and Evaluation of Japanese Keyboarding Training System with Certification Scheme for Elementary Children (<Special Issue>Studies on Practical Use of e-Learning)

この論文をさがす

著者

    • 堀田 龍也 HORITA Tatsuya
    • 独立行政法人 メディア教育開発センター 研究開発部 Research and Development Division, National Institute of Multimedia Education

抄録

小学生を対象とした日本語キーボード入力学習システム「キーボー島アドベンチャー」を開発した.小学生の日本語キーボード入力の速さと正確さを向上させるための学習システムの設計原理として検定機能を実装した.2003年5月から2ヶ月間,19校の小学生1,897名によるモニター評価によって正式運用前に検定級の見直しと大量アクセスへの対応等の調整が行われた.2003年9月に全国の小学生に無料で公開され,2004年3月までの正式運用において52,326名の児童が本サイトで学習をした.登録者数の多かった3年生から6年生を対象として学習履歴を分析したところ,本システムが小学生の日本語キーボード入力の速さと正確さを向上させており,その向上には検定機能が有効にはたらいていることが確認された.

We developed a Japanese keyboarding training and certification system for elementary school children. First we consulted with the experienced elementary school teachers who have conducted advanced study on keyboarding for children and then designed 30 steps to learn Japanese keyboarding. We designed a web application system with a story like that of a role-playing game. For two months from May 2003, the system was evaluated through a trial with 1,897 children from 19 elementary schools, and then adjusted the system prior to the official launch. The system was formally opened from September 2003. In March 2004, it was used by 52,326 Japanese children. Subjects ranged from third graders, the largest number of registrants, to sixth graders; according to analysis of training logs, this system improved the speed and accuracy of Japanese keyboarding by elementary school students.

収録刊行物

  • 日本教育工学会論文誌

    日本教育工学会論文誌 29(3), 329-338, 2006

    日本教育工学会 = Japan Society for Educational Technology

参考文献:  24件中 1-24件 を表示

被引用文献:  7件中 1-7件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004705018
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11964147
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13498290
  • NDL 記事登録ID
    7877605
  • NDL 雑誌分類
    ZF1(教育)
  • NDL 請求記号
    Z7-904
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  IR  J-STAGE 
ページトップへ