オープンソースCMSの実証的比較分析と選択支援サイトの構築(<特集>実践段階のeラーニング) Comparative Analysis of Open Source CMSs, and Construction of a Selection Support Site (<Special Issue>Studies on Practical Use of e-Learning)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

Webベースで講義の管理を行うシステムは有料のシステムが大半を占めているが,オープンソースで開発されているコンテンツ管理システム(CMS)が近年注目されている.本研究ではわが国における高等教育機関での利用を想定し,オープンソースで公開されている8つのCMS (exCampus, CEAS, Moodle, Claroline, Atutor, XOOPS, SITEDEV, GSGLOG)にセミナー式講義をeラーニング化することで,機能や操作性などを実証的に比較分析を行った.比較分析の結果を元に,さまざまな形式の講義においてCMSの選択を支援するガイドラインや実装例,実施上の留意点などを整理したCMS選択支援サイトを構築した.

This paper provides functional comparison of open-source Content Mangement System (CMS) for Japanese universities. Eight CMSs (exCampus, CEAS, Moodle, Claroline, Atutor, XOOPS, SITEDEV, GSGLOG) were used to create an e-Learning site for a seminar at a university. Based on the experiences, comparison chart was created to evaluate various aspects of CMS, including usability in Japanese language environment and breadth of educational functions. CMS selection support Web site was created with examples, advices, and selection support.

収録刊行物

  • 日本教育工学会論文誌

    日本教育工学会論文誌 29(3), 405-413, 2006

    日本教育工学会

参考文献:  21件中 1-21件 を表示

被引用文献:  9件中 1-9件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004705026
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11964147
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    13498290
  • NDL 記事登録ID
    7877674
  • NDL 雑誌分類
    ZF1(教育)
  • NDL 請求記号
    Z7-904
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ