中学校技術・家庭科における制御教材の開発と評価 : 制御教材の3つの開発課題に対応して Development and Evaluation of Teaching Material for Mechatoronics to Use in Technology and Homemaking Subject of Junior High School : Supporting the Three Problems to Develop of Teaching Material for Mechatoronics

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

中学校技術・家庭科技術分野において,制御学習の実践の阻害要因を考慮した制御教材の開発課題は,1)短時間で実施可能な教材,2)機能を絞り込み,低価格化,3)授業がしやすいテキストの3つの要件を満たすことである.本研究では,この課題に対応した制御教具,制御用簡易言語,授業用テキストの3つの制御教材を開発した.制御・プログラミングの指導の未経験教師と経験教師による教材評価の結果,低価格化については課題が残ったが,他の課題については両者とも高い評価が得られた.

収録刊行物

  • 日本教育工学会論文誌

    日本教育工学会論文誌 29(Suppl), 177-180, 2006

    日本教育工学会

参考文献:  4件中 1-4件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004705075
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11964147
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    13498290
  • NDL 記事登録ID
    7913578
  • NDL 雑誌分類
    ZF1(教育)
  • NDL 請求記号
    Z7-904
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ