西表島におけるサガリバナ(サガリバナ科)のガによる送粉 Pollination of Barringtonia racemosa (Lecythidaceae) by Moths on Iriomote Island, Japan

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 田中 法生 TANAKA Norio
    • 国立科学博物館筑波研究資料センター筑波実験植物園 Tsukuba Botanical Garden, National Science Museum

抄録

西表島におけるサガリバナ(サガリバナ科)の送粉者を観察した。シロスジヒトリモドキ,シロシタサツマニシキ,キオビエダシャク,ハグルマノメイガの4種のガが訪花し,吸蜜するのが確認された。サガリバナはコウモリ媒と考えられているが訪花するコウモリ類は見られなかった。西表島はサガリバナの分布の北端誠に位置し,訪花行動をするコウモリのグループであるオオコウモリ科の分布誠から外れていることから,コウモリの代わりにガに送粉されることによって,西表島のサガリバナは定着を可能にしていると考えられた。

I observed pollinators of Barringtonia racemosa on Iriomote Island, Japan. Four species representingfour families of moths were recorded visiting and sucking nectar from flowers: Asota heliconia riukiuana,Erasmia pulchella fritzei, Milionia basalts pyreri, and Nevrina procopia. Although B. racemosa is gener-ally considered to be bat-pollinated, no bats were observed visiting the flowers. B. racemosa was probablyable to become established on Iriomote Island, which lies at the northern end of its distribution and out ofthe range of the flower-visiting bat family Pteropidae, by being pollinated by moths instead of bats.

収録刊行物

  • 筑波実験植物園研究報告

    筑波実験植物園研究報告 23, 17-20, 2004-12

    国立科学博物館

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004710069
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10009042
  • 本文言語コード
    ENG
  • ISSN
    02893568
  • NDL 記事登録ID
    7754467
  • NDL 雑誌分類
    ZR3(科学技術--生物学--植物)
  • NDL 請求記号
    Z18-1603
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ