話速変換機能を搭載したラジオ, テレビの開発 Development of a Radio and Television Receiver with Function to Slow Down the Speech Rate

この論文をさがす

著者

抄録

高齢者から放送番組に対して寄せられる声の一つに,「放送の音声が早口に感じられて聞きとりにくい」というものがある.これに対し,時間遅れを蓄積せずに,ゆっくりとした音声に変換できる話速変換技術の研究と実用化への取り組みを行なってきた.今回,この技術や老人性難聴の大きな特徴のひとつである"補充現象"に対応した帯域別音圧圧縮技術を組み合わせた,「聴取補助機能」を備えたユニバーサルデザインのラジオ・テレビを開発し商品化したので報告する.

Elderly people often find that the speech of contemporary broadcasts is too fast for comfortable listening. We have developed a universal radio and television receiver that enables users to reduce the speed of speech delivery while maintaining the voice pitch and quality, without overrunning the entire program duration. Practical assessments by elderly people have confirmed its effectiveness for improving hearing comfort. In addition to this function, efficacious Sound Level Compression technology is also incorporated to compensate for the so-called "Recruitment Phenomenon".

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. EA, 応用音響

    電子情報通信学会技術研究報告. EA, 応用音響 106(20), 31-36, 2006-04-14

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  13件中 1-13件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004719512
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10164817
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    7902919
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ