<総説>小麦タンパク質とアレルギー : 小麦依存性運動誘発アナフィラキシーに注目して Wheat Protein as an Allergen : Wheat-Dependent Exercise-Induced Anaphylaxis

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • "香西 はな "Kozai Hana
    • 川崎医療福祉大学医療技術学研究科健康科学専攻 "Doctoral Program in Health Science, Graduate School of Health Science and Technology, Kawasaki University of Medical Welfare
    • 加藤 保子" Kato Yasuko"
    • 川崎医療福祉大学医療技術学研究科健康科学専攻 Doctoral Program in Health Science, Graduate School of Health Science and Technology, Kawasaki University of Medical Welfare"

抄録

"現在,小麦はアレルギーを引き起こす三大食品の一つとされており,更に食物依存性運動誘発アナフィラキシーの最多原因食品としても注目されている.これまで,小麦アレルギーとしては,Baker's Asthmaやセリアック病などがよく知られており,原因タンパク質としてはそれぞれ塩溶性タンパク質,グリアジンであるとの報告が多い.近年問題となっている小麦依存性運動誘発アナフィラキシー(WDEIA)に関しては,ω-グリアジンであると報告されている.WDEIAの発症メカニズム解明のため,我々は,B10.Aマウスと卵白リゾチーム(Ly)を用いて,モデル実験動物系を確立した.各小麦タンパク質で感作したB10.Aマウスのアレルゲン投与後の疲労困憊運動時間は非感作群と比較して短く,更に,グリアジン次いでグルテニン群の小腸粘膜上皮組織の損傷は激しいものであった.マウスを用いて検討したWDEIAの原因タンパク質はグリアジン次いでグルテニンである可能性が高く,これらのタンパク質が小腸粘膜上皮組織を著しく損傷させ,体内へのアレルゲンの吸収も促進,更に,運動がこの損傷を増悪させることが考えられた.このような小腸粘膜上皮組織の損傷は,セリアック病でも観察され,セリアック病では,グリアジンの消化生成物であるペプチドがかなりの毒性ペプチドであることが報告されてきており,このようなグリアジンタンパク質の特性とWDEIAとの関係も示唆されるものであった.本報告では,小麦タンパク質とWDEIAに関して,これまで進められてきている研究の流れと,原因小麦タンパク質に関する情報を解説した."

"Wheat flour is one of the three major food-allergens. Numerous reports indicate that salt-soluble wheat proteins cause baker's asthma and gliadin causes celiac disease. Moreover, Food-dependent exercise-induced anaphylaxis (FDEIA) is due to wheat flour in many cases. When B10.A mice which serve as useful models for studying the immunological mechanism of wheat-dependent exercise-induced anaphylaxis (WDEIA), were sensitized with several fractions of wheat protein, their running times until exhaustion were remarkably shortened, and high levels of intestinal erosion were found. These gastrointestinal mucosal lesions have also been observed in celiac disease. The major allergens of WDEIA might be gliadin and glutenin. Recently, it was reported that the peptides of digested gliadin showed toxicity in a study of celiac disease. It was suggested that the toxic peptides generated during the digestion of gliadin could cause not only celiac disease but also WDEIA. This review focused on previous WDEIA and wheat protein studies."

収録刊行物

  • 川崎医療福祉学会誌

    川崎医療福祉学会誌 16(1), 11-19, 2006

    川崎医療福祉大学

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004727295
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10375470
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    09174605
  • NDL 記事登録ID
    8095634
  • NDL 雑誌分類
    ZE5(社会・労働--社会問題・社会保障)
  • NDL 請求記号
    Z6-3791
  • データ提供元
    CJP引用  NDL  NII-ELS  IR 
ページトップへ