猿害の空間パターンによるリスク評価 Assessing the risk of economic damage to crops caused by Japanese Macaques on Yakushima Island

この論文をさがす

著者

    • 森野 真理 MORINO Mari
    • 吉備国際大学政策マネジメント学部 Kibi International University, School of Policy Management
    • 小池 文人 KOIKE Fumito
    • 横浜国立大学大学院環境情報研究院 Yokohama National University, Graduate School of Environmental and Information Science

抄録

本研究では、鹿児島県屋久島において、猿害状況の異なる2地区の果樹園を対象に、空間パターンを考慮に入れた猿害予測モデルを構築し、リスクマップを作成した。モデルの目的変数は果樹の経済的被害の有無とした。説明変数は、果樹園といくつかの空間要素との距離、および猿害に対する脆弱性の地域差(猿害圧)である。ロジスティック回帰分析を行った結果、果樹園と森林・道路との距離、および猿害圧をリスク因子とするモデルが得られた。猿害圧という変数をとりいれたことで、猿害状況を定量的に比較することが可能になった。得られたモデルをもとに作成した猿害リスクマップから、既存の果樹園のリスクが明示的に示された。最後に、モデルの有効性と猿害リスクマップの利用可能性について論じた。

We developed a logistic regression model using spatial patterns to assess the risk of economic damage to crops caused by Japanese macaques (Macaca fuscata yakui) in two villages on Yakushima Island, Japan. Three explanatory variables were selected to assess whether an orchard was at risk of economic damage by macaques: the distances between the orchard and two geographical features (a forest and a busy road), and vulnerability to crop raiding, which reflects the difference in the likelihood of crop raiding by village. This model could be used as a basis for developing risk maps for economic crop damage by macaques. We discuss the effectiveness and limits of this model and suggest a possible risk map.

収録刊行物

  • 保全生態学研究 = Japanese journal of conservation ecology

    保全生態学研究 = Japanese journal of conservation ecology 11(1), 43-52, 2006-06-25

    日本生態学会

参考文献:  13件中 1-13件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004781864
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11857952
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13424327
  • NDL 記事登録ID
    9613991
  • NDL 雑誌分類
    ZR1(科学技術--生物学)
  • NDL 請求記号
    Z18-B498
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ