地域ブランド学序説(<特集論文>地域ブランド学の可能性) Introduction to Community Branding Research

この論文をさがす

著者

抄録

本研究は、新しい学問領域としての「地域ブランド学」成立の可能性について検討したものである。「地域ブランド」は今日、ある種の流行語となっており、全国各地の自治体で取り組みが急増している。にもかかわらず、その多くはいまだ試行錯誤の段階にあり、真に実践応用が可能な理論と方法論の確立が切望されているのが現状である。本稿はまず、「地域ブランド」という言葉の用法の検討からはじめ、その先駆的な取り組みといわれる事例を、文献および独自のフィールドワークにもとづき調査するとともに、国内外のアカデミックな立場からの研究を追った。その結果、ニーズ先行型の地域ブランド学が本来、立脚すべきポイントのいくつかが明らかになった。

The purpose of this paper is to review existing practices and studies in community branding (which means 'place branding' that takes into consideration the life of local residents) and to investigate the possibility of establishing a new research domain. The study method relies mainly on reviewing documents, but original fieldwork was also conducted. In conclusion, this research shows the need to create a new discipline called "community branding research" as a site of knowledge to analyze and evaluate from various angles the practices of community branding that are emerging across the land.

収録刊行物

  • 地域ブランド研究

    地域ブランド研究 1, 33-49, 2005-12-04

    信州大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004786184
  • NII書誌ID(NCID)
    AA12090334
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    特集
  • ISSN
    18812155
  • NDL 記事登録ID
    8910035
  • NDL 雑誌分類
    ZD1(経済--経済・経済事情)
  • NDL 請求記号
    Z71-P531
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  IR 
ページトップへ