母親の被害的認知が虐待的行為に及ぼす影響 The Effects of Mothers' Hostile Attributions on Child Maltreatment

この論文をさがす

著者

抄録

本研究の目的は,子どもの反抗行動に対する母親の認知と虐待的行為の関係を,特に子どもの悪意や敵意と捉える「被害的認知」に着目して検討することであった。3〜4歳の子どもを持つ一般の母親270名に調査用紙を配布し,207名から協力を得た(回収率76.7%)。調査は,子どもの反抗に対する母親の認知,虐待的行為,さらに,認知を媒介として虐待的行為に影響を及ぼす要因として母親の育児ストレス,自尊感情,親に対する愛着,母親の就労,子どもの性別について測定された。重回帰分析の結果,予測した先行要因→認知的要因(媒介要因)→虐待的行為のプロセスが確認された。すなわち,虐待的行為に影響を及ぼす母親の認知特性は,子どもに対する否定的認知ではなく,母親の自尊感情の低さや育児ストレスの高さからもたらされる被害的認知であることが明らかにされた。また,先行要因として検討した育児ストレスは,認知の歪みをもたらすだけでなく,虐待的行為に直接正の影響を及ぼすこと,親に対する愛着は虐待的行為に負の影響を及ぼすことが明らかになった。以上の結果から,子どもの養育における母親の認知的要因の役割について議論され,児童虐待ハイリスクの母親に対して,認知の歪みや育児ストレスなどを考慮して介入することの重要性が示唆された。

The purpose of this article was to investigate the relationship between a mother's cognitions about children's misbehavior (consisting of positive, negative, and hostile attributions) and child maltreatment. Participants were mothers (N=207) of 3-4 year old children who attended a day nursery. Stress regarding childcare, self-esteem, attachment to their own parents, and demographic factors, were examined as factors that influenced maternal cognitions and child maltreatment. Path analysis revealed a significant causal relationship between child maltreatment and mothers' hostile attributions, and stress over child care and low self-esteem were also related to negative cognitions. In addition, direct relations were found between stress over childcare, attachment to their own parents, and child maltreatment. These results showed the importance of the mother's cognitions for childcare, and suggested an intervention method for high risk mothers.

収録刊行物

  • 発達心理学研究

    発達心理学研究 17(2), 148-158, 2006-08

    一般社団法人日本発達心理学会

被引用文献:  6件中 1-6件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004788660
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10229548
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    雑誌論文
  • ISSN
    09159029
  • NDL 記事登録ID
    8066451
  • NDL 雑誌分類
    ZS2(科学技術--心理学)
  • NDL 請求記号
    Z19-3071
  • データ提供元
    CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ