打楽器音による即興演奏を通しての感情コミュニケーション(コミュニケーションデザイン及び一般) Emotional communication by improvisation with percussive timbre

この論文をさがす

著者

    • 生駒 忍 IKOMA Shinobu
    • 筑波大学人間総合科学研究科 Graduate School of Comprehensive Human Sciences, University of Tsukuba

抄録

近年,即興演奏による感情コミュニケーションに関して研究が進みつつある.その中で,スネアドラムを用いた研究では喜び感情が最も伝わりやすいという結果が得られている一方で,ピアノ音を用いた生駒・三鈷・斎藤・秋山(2005)では異なる結果となっていた.これは,打楽器音とピアノとの音色の相違か,楽器の物理的特徴の相違かに起因すると考えられる.そこで本研究では,MIDIキーボードに打楽器音を割り当てて同様の検討を行った.39名の実験参加者に感情の聴取判断を求めた結果,喜び感情が最もよく伝わることが示された.よって,どんな感情が伝わりやすいかには楽器の物理的特徴よりも音色が強く影響することが示唆された.

In recent years, .studies for emotional communication by improvisation have developed. In the studies with snare drum happiness was communicated most successfully, but in Ikoma, Sanko, Saitoh, and Akiyama(2005) it wasn't. It seems that used timbre (percussive timbre vs. piano) or physical property of the instruments made the dissonance. Therefore we conduct a similar experiment using MIDI keyboard with percussive timbre. Thirty-nine participants carried out the emotion detection tasks, and happiness was communicated most successfully. Therefore, what emotions communicated more successfully depend on used timbre rather than physical property of instruments.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. HCS, ヒューマンコミュニケーション基礎

    電子情報通信学会技術研究報告. HCS, ヒューマンコミュニケーション基礎 106(146), 19-22, 2006-07-03

    一般社団法人電子情報通信学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004810043
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10487226
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    8017227
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ