3次元物体知覚時の脳活動に与える運動視差様態の影響 : fMRIによる分析 Brain Activity during Three-Dimensional Object Perception through Motion Parallax : An fMRI Study

この論文をさがす

著者

抄録

立体運動効果とは、前額平行面内において視軸について回転する2次元の視覚刺激によって、あたかも3次元の物体が運動しているかのように知覚される現象である。これを刺激に用いることによって、奥行き、運動、形態の3つの情報処理を分離することが可能である。本研究では、運動と形態が奥行き知覚に対してどのように寄与するかを明らかにするために、fMRI実験を行った。その結果、MT+、LO、V3Bを含む後頭側頭領域は、奥行きの抽出に重要な役割を果たしていることが示唆された。DIPSM、DIPSAを含む背側頭頂間領域は知覚された3次元物体の運動軌道の計算、V3A、V7、VIPSを含む腹側頭頂間領域は高次領域で高度な処理を行うための情報抽出に関わっていると考えられた。

The SKE is the visual phenomenon that a stimulus rotating in a front-parallel plane about visual axis can create the impression of a 3-D object. We can segregate depth, motion and shape information processing by using the SKE. We performed fMRI to investigate how motion and shape contributed to depth perception. It was suggested that the occipito-temporal area including MT+, LO and V3B played an important role for extracting depth information. It seemed that the dorsal intraparietal area including DIPSM and DIPSA was involved in calculation of the track of a perceived 3-D object, and that the ventral intraparietal area including V3A, V7 and VIPS was involved in intermediate information processing.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. HIP, ヒューマン情報処理

    電子情報通信学会技術研究報告. HIP, ヒューマン情報処理 106(143), 23-28, 2006-06-29

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  10件中 1-10件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004810055
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10487237
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    8017422
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ