「居場所」の心理的機能の構造とその発達的変化 Structure of the Psychological Function and Developmental Changes in "Ibasho" (Existential Place)

この論文をさがす

著者

    • 杉本 希映 SUGIMOTO KIE
    • 筑波大学博士課程人間総合科学研究科 GRADUATE SCHOOL OF COMPREHENSIVE HUMAN SCIENCES, UNIVERSITY OF TSUKUBA

抄録

本研究では,「居場所」の心理的機能の構造とその発達的変化について検討した。「居場所」の心理的機能の構造を分析するために,自由記述により得られた居場所の選択理由と先行研究を検討して作成した尺度を用いて,小・中・高校生を対象に調査を行った。その結果,「居場所」の心理的機能には,「被受容感」「精神的安定」「行動の自由」「思考・内省」「自己肯定感」「他者からの自由」の6因子があることが明らかとなった。「居場所」を他者の存在により,「自分ひとりの居場所」「家族のいる居場所」「家族以外の人のいる居場所」に分類した結果,小学生では「家族のいる居場所」,中・高校生では「自分ひとりの居場所」が多いことが明らかとなり,発達段階により選択される「居場所」が異なってくることが示された。この3分類により心理的機能の比較分析を行った結果,それぞれの「居場所」の固有性が明らかとなった。

The present study examined the structure of the psychological function of "ibasho" (existential place), and developmental changes in existential place. Participants (234 elementary school students, 304 junior high school students, and 321 high school students) completed a questionnaire. Factor analysis of the data revealed 6 domains of the psychological function of "ibasho" : perceived acceptance, mental stability, freedom of action, thought and introspection, self-affirmative feeling, and freedom from others. When "ibasho" was classified into three categories according to the presence or absence of others, and the type of others (i.e., alone, with the family, and with friends), it was shown that the participants' selection of "ibasho" varied with increasing age. The discussion examined the characteristics of "ibasho" in relation to these 3 classifications and psychological function.

収録刊行物

  • 教育心理学研究

    教育心理学研究 54(3), 289-299, 2006

    日本教育心理学協会

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004810248
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00345837
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    雑誌論文
  • ISSN
    00215015
  • NDL 記事登録ID
    8073862
  • NDL 雑誌分類
    ZF1(教育)
  • NDL 請求記号
    Z7-182
  • データ提供元
    CJP引用  NDL  NII-ELS  NDL-Digital 
ページトップへ