ファイバースコープを用いたポーズ時の喉頭調節の観察 : いくつかの所見 Fiberscopic examination of the larynx during pause production : Some preliminary observations

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ファイバースコープを用いて、句境界における2種類のポーズ(「普通の長さ」のポーズおよび「短い」ポーズ)に対応する喉頭の構えを、2名の話者について調べた。その結果、短いポーズについては、いずれの話者も、声門閉鎖と喉頭上部の狭めを同時に伴うことが明らかになった。普通のポーズについては、話者間ならびに話者内のばらつきが見られた。すなわち、一方の話者では、声門開大が一貫した特徴であるのに対し、他方の話者では、声門開大を伴う場合と、短いポーズのように声門閉鎖と喉頭上部の狭めを同時に伴う場合の両方の特徴が見られ、話者が「同じ」範疇に属するポーズとして発話し、音響的・聴覚印象的にもほとんど差がない場合でも、対応する喉頭調節が特徴的に異なる場合があるということが明らかになった。

The present paper examines the nature of laryngeal gesture during the production of infra-sentential pauses by use of a rhino-laryngofiberscope. Pauses of two contrasting lengths, i.e., 'normal-length' and 'short', were compared. The production of 'short' pauses was characterized by a closed glottis with supraglottal laryngeal constriction. The production of 'normal-length' pauses presented inter-speaker as well as intra-speaker variations in the laryngeal gestures employed. One speaker produced normal-length pauses with an open glottis, while the other speaker employed both the open glottis and the closed glottis with supraglottal constriction in the realization of normal-length pauses.

収録刊行物

  • 富山県立大学紀要

    富山県立大学紀要 16, 21-25, 2006-03-31

    富山県立大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004813441
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10358595
  • 本文言語コード
    ENG
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    09167633
  • NDL 記事登録ID
    8600893
  • NDL 雑誌分類
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要)
  • NDL 請求記号
    Z22-1659
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ